スライドとauWALLETのメリット

最近のキャッシングサービスは、モバイル媒体との連動性が見られます。auWALLETなどは、明らかにモバイルツールと連動しているでしょう。

人によっては、業務などで携帯電話を使う事があります。それゆえに、仕事中に資金調達をする事も可能なのです。業法次第では、モバイルツールは、やはり非常に便利と言えます。

それで上記サービスにはもう1つメリットがあって、スライドと呼ばれるシステムです。そもそも他の融資商品では、一度借りた時は繰り上げが少し難しい事があります。残金を一括で返さない事には、なかなか元金を減少できないこともあるからです。

ところがスライドと呼ばれるシステムならば、いつでも返す事ができます。それで効率良く元金を減少できることもありますから、やはり利便性は高めと言えます。

しかし、スライド商品などは手数料が高めな事も多いです。それで思わぬ負担が生じる事はありますから、普段からよく計算する癖を付けると良いでしょう。

 

借りられるかどうかの基準と保険加入の可否

資金を確保したいと思う人は、たまに貸越などを検討しています。口座を抵当とした融資商品になります。それは比較的手数料も低めな一面がありますから、多くの方々はよく検討しているのです。現にそれで、資金を捻出できるケースも多々あります。

ただし、やはり融資対象者になるかどうかの問題はあるのです。100%借りられる訳でもありません。それで対象になり得るか否かに関して、様々な基準があります。例えば、保険などもその1つです。

マイホームなどを購入する商品には多いのですが、そもそも借りようと考える方が、病気になる可能性もあり得るでしょう。重たい病気になってしまっては、借りるのが困難になる事もあります。

それを防ぐ為に、銀行としては保険加入を勧めるケースが殆どです。それに入るのが難しい時などは、残念ながら断られる確率は高くなるでしょう。つまり融資対象者にならない訳です。もちろん加入できれば、特に問題はありません。健康などは、意外と重要ですね。

 

三菱東京ufj銀行のカードローン

最近はよく、テレビでカードローンのCMをよく目にします。あまり、利用する機会がないカードローンですが、いざという時に利用方法やメリット・デメリットを知っていると何かと便利です。

例えば、三菱東京ufj銀行のカードローンについて簡単に説明します。

まず、住宅ローンなど違い、カードローンは無担保融資かつ資金使途が自由なため(一部、事業用資金としては使えない)、設定金利が高く設定されています。三菱東京ufj銀行のカードローンでは、最大14%前後となります。金利は、利用限度額が高く設定されればされるほど、低くなります。

三菱東京ufj銀行のカードローンの特徴はCMでもおなじみですがテレビ窓口があり、スタッフや周りのお客さんに見られず利用ができる点です。カードローンなどの利用を誰かに知られたくないなどあれば、プライベートな空間で手続きができるので良いでしょう。

借入可能額は、1万円から最大借入額は500万円まで可能です。年齢制限は20歳~64歳が利用可能となっており、 20歳未満及び65歳以上は利用ができません。

やはり、安定した収入を稼げるであろう期間のみとなっています。

三菱東京ufj銀行のカードローンは最短40分審査でお金を即日融資することも可能です。万が一の時のために、カードローンの活用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

過払い金請求で悪い状況から脱出しよう

過払い金請求を行うと、悪い状況から脱出することができるようになります。

基本的に、過払い金問題というのは全国的にも有名な金銭トラブルになっていますので、弁護士に相談をするとすぐに任意整理という手続きで過払い金の返還請求を行ってくれるようになります。

その際には、債務者の情報が外に漏れたりはせず、秘密厳守で行われますので安心して問題ありません。ただし、過払い金の返還請求に関しては一つだけ利用する際の条件があります。

それは、返還請求の対象となっているのがグレーゾーンと呼ばれる金利の範囲のみになっていることです。金利の問題がない融資や銀行の融資に関しては過払い金の返還請求の対象外として処理されてしまいますので、その点だけは間違わないように注意をしておきましょう。

また、過払い金の返還請求は行政から告示がされているものであるため、利用したとしても信用情報に傷をつけることなく返還請求ができることも覚えておきましょう。